◆結論から申し上げますと、元首相に再び国を託すのかどうか、その判断を行うために「近い内」の解散は先送りした方が良いように感じます。現在の政治情勢では、民主党への支持が低く、消去法的に自民党が選択される可能性が高いように思いますが、同じ消去法ならば、野田現首相と安倍元首相、どちらが首相である方が「よりマシか」という人物鑑定が不可欠でしょう。

    ◆当ブログは安倍元首相の政治思想に最も否定的です。ただ、総裁選に立候補した五人の候補の主張を聞いていると、特に直近の日中・日韓の外交問題に関するスタンスはほとんど変わりなく、誰が自民党の新総裁に就任しようとも、特に支持することはなかったかもしれません。

    ◆自民党員については、政策が似通っている中で、誰が新総裁・未来の首相に相応しいのか、という判断を迫られ、その結果として石破氏が過半数の支持を得ました。その石破氏と安倍氏の外交政策に大きな違いはないことから、どちらが新総裁になろうとも、筆者は自民党の外交政策の危うさを主張したと考えます。

    ◆しかし、政策が同じでも、誰がその政策の実行を担うのか、という点では、自民党員の投票行動は自民党議員に比べるとはるかに常識的だったと考えます。国会答弁などの正確性や失言の少なさ(ゼロではないにしても)など、浅慮・軽口で支持を失った首相を散々見て来た昨今の政治を思い返すと、冗長ですが安定した口ぶりの石破氏に票が流れたことは人として理解できます。

    ◆これに対して、一体自民党議員はなぜ懲りないのか?という疑問を強く感じます。第3位の石原幹事長は自民党の中堅・若手議員から「発言が危うい」として積極的支持を得ていませんでした。おそらくは公示前の「サティアン」発言が響いたと思いますが、そんな直近の発言にだけ左右されたとすれば非常に視野が狭く、短期的です(若手にバカにされている時点でアウトですが)。

    ◆安倍元首相の失脚は参院選での大敗によるものですが、その背景には年金問題を1年以内に解決するという軽い公約を口にして、それを守れなかったことや、郵政造反議員を復党させた際に見られた民意を汲み取る力の乏しさ、慰安婦問題での説明のブレ、さらには今よりもはるかに親日的であったアメリカからの非難決議など、外交・内政のつまずき、そして失言にあります。

    ◆安倍氏を支持した山本一太参院議員はツイッターで、安倍元首相は挫折を含めた様々な経験を得て、再び成長した、と評しています。その成長はどのように測定可能なのでしょうか?首相職を非常識な形で投げ出した後、元首相は党の要職も閣僚も経験していません。自民党が完敗した衆院選でご自身の議席を守った以外は、2010年の参院選での勝利にも特に貢献していない。

    ◆首相退任後、どのような政治活動を行っていたのでしょうか?各地で講演していたのかもしれませんが、わざわざ元首相を罵倒しに講演を聞きに来る聴衆は少ないでしょう。国民の批判に正面から立ち向かった訳でもない。安倍氏を支持した議員も、ほとんどが首相時代からの古株の支持者で身内です。従って、厳しいことを言われていたようにも見えません。

    ◆石破氏は自民党の下野後、政調会長を務め、退任後は地方での講演を精力的にこなしました。その結果が党員票での過半数の獲得ですから、安倍氏の努力や成長は数値の上でも見えていない、と筆者は考えます。一体何をしていたのか、何かをしたとしても何故結果が出ないのか、と評価せざるを得ません。党員票の25%を獲得したことを「よくできた方」と褒めるべきでしょうか?

    ◆谷垣総裁に立候補を断念させた石原氏を批判し、安倍氏を支持した麻生元首相の主張も不可解です。そもそも自民党下野の原因を作ったのは2007年の参院選で敗れた安倍氏であり、谷垣氏はその傷の回復に努めた人物ですから、安倍氏は本来谷垣氏を支持すべき立場にあったはずです。石原氏が明智光秀ならば、安倍氏は応仁の乱と戦国時代を招いた足利義政でしょう。

    ◆谷垣氏を裏切ることが道に外れているならば、自民党の党勢をここまで回復させた谷垣氏を見限る自民党議員全体が問題です。「明智光秀の裏切り」だけが問題ではないと考えます。その自民党議員の異常体質を露骨に表した結果が、党員票で過半数を得ながら、「石破氏は一度離党している」という派閥のボスや各議員の感情で安倍元首相を新総裁に選出したことでしょう。

    ◆自民党は「党を裏切った人物」を選ばずに、「国民の支持を得られなかった人物」を新総裁に選出しましたが、これが国民を視野に入れた総裁選だったのか、極めて疑問です。

    ◆また、民主党への政権交代を「一度政権を担わせて試してみた結果、見事に失敗した」と評していますが、この点、安倍元首相の新総裁選出は「安倍元首相は一度政権を担ったが失敗した」にもかかわらず「もう一度試してみよう」ということになるのではないでしょうか?一度失敗した人物をもう一度提案する根拠(元首相の成長?)も、先述の通り薄弱です。

    ◆以上を踏まえると、安倍氏率いる自民党が次の政権を担うべきか、安倍新総裁は野党党首というポジションで国民にどのようなメッセージを発信していくのか、を見定める時間が必要だと筆者は考えます。もしかしたら、石原氏のようにすぐに失言するかもしれません。外交関係をさらに緊張させ、極東の安定を望んでいるアメリカの危惧を招く可能性も大いにあります。

    ◆田中角栄氏や竹下登氏といった日本の政治を支配した政治家が存命であれば、安倍氏などに再チャンスを与えたでしょうか?かつての黒幕政治を良しとはしませんが、こんな新総裁の選出を許すとは到底思えない。一度失敗した安倍元首相と現在成功とは言い難い野田首相、ある意味ではいい勝負かもしれませんが、非常に低レベルな戦いになるだろうことだけが極めて残念です。




    スポンサーサイト
    2012.09.26 Wed  - 政治 -   コメント 0件

    コメント

    コメントの投稿












    トラックバック

    トラックバック URL
    http://olddesk77.blog97.fc2.com/tb.php/487-8022c094
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)