◆先日記載いたしました「【議論中】改めて消費税増税を考える」の続きです。議論が広範囲にわたり過ぎているため、あえて当方と貴方の認識の一致している点を探らせていただけませんか?(そうでなければ一致している点まで、双方の誤解をもとに議論することになってしまうのではないか、と感じております。もちろん誤解を招く文章等については深くお詫びいたします)

    ◆まず、他の税と比べて、消費税収は景気動向の変動の影響を受けにくい、という点は、おそらく確実に一致していると考えます。以下、当方記事の引用です。

    ・橋下市長や財務省の主張は、所得税・法人税に比べれば、景気変動が消費税収に与える影響は小さい、ということかもしれません。しかし、消費税もまた景気変動の影響を受ける以上、消費税率を引き上げて、目論見通りの税収が確保できるのでしょうか。(2012.4.10「消費税収は本当に景気に左右されないのか」より)

    ・財務省の主張の二つ目、「消費税は所得税・法人税と比べると、景気変動の影響を受けにくい」については冒頭に記載したグラフから、その事実を読み取ることができます。(2012.4.18「消費税収は景気に左右されないのか-修正版」より)

    ・財務省が示した通り、あるいは頂いたコメントの通り、所得税・法人税に比べて、消費税は景気変動の影響を受けにくいという点はすでに納得しています。(2012.4.20「続・消費税収と景気の関連について(一部訂正あり)」より)

    ・確かに消費税は、他の税制に比べて景気変動の影響を受けにくいといえるかもしれません。しかし、他の税は景気変動の影響を受けます。消費税増税が景気にどのような影響を与えるかは誰にも正確な予測は不可能ですが、仮に景気が悪化したとして、消費税増税で税収全体は思うように増えるのでしょうか。(2012.5.12「改めて消費税増税を考える」)

    ※ここでは、上記の当方の主張について誤解をされているのではないかと思い、当方記事からのみ引用させていただきました。

    ◆次に、消費税収は景気動向の変動の影響を受けるか否か、という点ですが、これも「受ける」という一事においては一致していると考えます。これは貴方記事より引用です。

    ・あくまで受けにくいのであって受けないということではありません

    ※ここでは、貴方と認識が一致しているか確認するために貴方記事のみ引用させていただきました(当方記事にはこれを示す表現が多くあるため省略いたしました)。

    ◆消費税増税の結果、景気に悪影響が発生した場合、他の税収が減ることによって、税収全体が思うように伸びない、増税の効果が縮む、という点についても同意いただいていると考えます。以下、貴方記事より引用です。

    ・「先方は当方の主張が「税収は減る」というご解釈でしたので、「税収が予想ほど伸びない」という可能性であれば、もしかしたらご同意いただけるかもしれません。」との記載がありますが、「「税収が予想ほど伸びない」という可能性」については、検証は難しいこと、その可能性はわからないことから同意します。

    ですが、「「税収は減る」というご解釈」については、当方は「増税の効果はほぼゼロに等しいといえます。」に対してなので、そうではないことはご承知ください。

    ※ここも、貴方と認識が一致しているか確認するために貴方記事のみ引用させていただきました。


    ◆当方の記事「改めて消費税増税を考える」では、貴方のご意見を踏まえ、消費税収の増加分だけを考えるのではなく、税収全体を考えるべきという主張を致しました(「重箱の隅」というご指摘にヒントを得たものです)。ただ、その文中において、

    ・財務省は、消費税収は景気変動の影響を受けにくいとしました。これに対し筆者は消費税収が激変する程の名目GDPの変動がなかったために、消費税収は10兆円前後で推移したと考えています。

    と記載したために、再び議論が消費税制の性質などに逆戻りしてしまったと考えます。この点は当方の記事の問題であり、当方の責任ですので深くお詫びいたします。

    ◆「改めて消費税増税を考える」における当方の問題意識は、

    ・景気低迷による所得税・法人税の落ち込みは当然想定すべきでしょう。税収と景気変動の影響を検討せずに、消費税収と景気変動の関係だけをクローズアップする財務省の主張はやはり恣意的ではないかと筆者は考えます。

    ・問題は消費をどのようにして増やすか、です。消費の拡大は消費税収を押し上げ、景気の拡大を通じて、所得税収・法人税収の増加をもたらします。

    にあります。この「恣意的」という当方の財務省への批判についても、厳しいご指摘を頂戴しており、意見は異なると考えますが、増税を考える場合に、税制全体を考える必要があるという当方の主張については同意いただいていると見て、差し支えないでしょうか?


    スポンサーサイト
    2012.05.24 Thu  - 議論中 -   コメント 0件

    コメント

    コメントの投稿












    トラックバック

    トラックバック URL
    http://olddesk77.blog97.fc2.com/tb.php/464-cc611e4c
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    ◆先日記載いたしました「【議論中】改めて消費税増税を考える」の続きです。議論が広範囲にわたり過ぎているため、あえて当方と貴方の認識の一致している点を探らせていただけませんか?(そうでなければ一致している点まで、双方の誤解をもとに議論することになってしま...
    2012.05.25 Fri l まとめwoネタ速neo