◆子ども手当の新名称を巡って、民主党と自民・公明両党間で合意できなかったとのことです(読売新聞ニュースより)。

     子ども手当に代わる来年度以降の新たな制度を巡り、民主党は8日、自民、公明両党との実務者協議で、新名称を「児童のための手当」とすることを提案した。自民党は基本的に同意したが、公明党は自公政権時代の「児童手当」に戻すよう主張し、合意に至らなかった。

    ◆低次元の戦いです。名称でもめるなら、公募したらよいのではないでしょうか?もしくは、世論調査の数字をもとに決めるか。「子ども手当を失敗」と印象付けたい選挙戦略が、極めて露骨に見えます。高い歳費を頂戴している議員の時間の使い方としては、非常に無意味です。



    スポンサーサイト
    2012.03.09 Fri  - 政治 -   コメント 0件

    コメント

    コメントの投稿












    トラックバック

    トラックバック URL
    http://olddesk77.blog97.fc2.com/tb.php/450-6c1b1062
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)