◆民主党の鳩山元首相が野田首相を批判しているとの報道があります。以下、時事通信の記事を引用します。

     民主党の鳩山由紀夫元首相は25日午後、岡山市内の会合であいさつし、「自分が辞めた後、2人の首相が頑張ってくれたが、必ずしも(2009年の衆院選)マニフェスト(政権公約)通りに事が進んでいないことに胸を痛めている。選挙で掲げたことを実現していくのが私たちの役割だ」と強調した。野田佳彦首相が消費増税を掲げ、八ツ場ダム(群馬県長野原町)の建設継続を決めたことなどを念頭に、不満を示したものだ。

     鳩山氏は「民主党の原点に戻り、私もゼロからの出発という気持ちで頑張らないといけない。原点を忘れたら政治家を辞めた方が良い」とも述べた。 

    ◆原点を仮に忘れたとしても、政治家たるもの自分の発言、ことに有権者との約束は覚えていて欲しいものです。普天間問題における国外・県外移転の約束反故、首相を辞めたら議員も辞めるという発言の雲散霧消、鳩山元首相に現政権の不満をいう資格はないでしょう。その資格不足に全く気付かない元首相は、政治家としての資質も欠落しているといえます。

    ◆元首相の弟は自民党を批判し、政界の薩長同盟云々と仰って離党しながら、復党を求めたとか。ご兄弟そろって恥を知らない方々だと呆れてしまいます。この方々を国会に送り出した有権者の方々はご自身の投票を嘆かざるを得ないでしょう。自分を選んだ有権者のためにも、恥ずかしいことはしないで欲しいと、少なくとも自分の選挙区の政治家には思いたいところです。

    ◆鳩山元首相にゼロから出発してもらう必要はなく、むしろゴールを迎えて、次の世代に議席を譲ることの方が重要です。鳩山元首相の選挙区の方々は、元首相に今後も続投してもらいたいのでしょうか?次の選挙では、元首相を落とすか落とさぬかが一つの争点になるでしょう。実にむなしい選挙です。別の良い候補者が鳩山元首相の選挙区に立候補されることを期待します。

    ※こういう批判だけのブログ記事はラクですけど、余り建設的ではありません・・・。




    スポンサーサイト
    2011.12.25 Sun  - 政治 -   コメント 0件

    コメント

    コメントの投稿












    トラックバック

    トラックバック URL
    http://olddesk77.blog97.fc2.com/tb.php/424-532742f4
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)